STARTUP INVESTOR
SPEED DATING

スタートアップ企業は2日間のカンファレンスで直接多くの投資家にお会う機会が用意されています。Tech in Asia Tokyo 2016のスピードデートセクションにはアジア各国から60社以上の投資家が参加。スタートアップ企業は専用ブースに並び投資家に対してエレベータピッチを行う事が可能です。この機会に多くの投資家にアピールしましょう。


Startup-Investor Speed Datingとは?

Startup-Investor Speed Datingでは、スタートアップと投資家がより多くのマッチングを
行う機会です。スタートアップ企業はビジションに共感できる投資家を見つけ、投資を検討してもらう事が目的です。



参加するメリット

日本を含めアジアからも投資家が参加致します。普段会うことが少ない投資家にも会う事ができ、スタートアップ企業にとっても貴重な機会となります。



参加条件

カンファレンス自体にスタートアップ企業として参加している事が条件となります。カンファレンスチケットの購入は”こちら”。 here.

*Student Passをお持ちの方はこちらの投資家とのスピードデートセクションへは参加できません。ご了承下さい。



投資家に対する5分のピッチの機会は原則「早い者順」になります。当日はお早めに登録ご登録くださいませ。

Click For Investor Info & Schedule


PARTICIPATING INVESTORS


Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Aspect image
Click For Investor Info & Schedule

注意:参加予定の投資家やスケジュール等は投資家及び主催者の都合により予告なく変更、キャンセルになる可能性がございます

GUIDELINES AND TERMS


  • はじめに、自分がピッチを行いたい投資家/メディア企業の登録テーブルにて、ピッチ用の番号札を受け取ってください。番号札配布はスロット開始の30分前からです。(例)14:00-15:00の回の投資家の番号札配布は13:30から開始します。
  • 混雑などでご希望の企業に会う事ができない場合がございますのでご了承ください。
  • 配布する番号札の数には限りがございます。
    注意:番号札を取得しても必ず投資家/メディアに会えるとは限りません。
  • スロットの順番は、番号札の取得順となります。
  • 混雑や時間の影響で順番が回ってこなかったスタートアップでも、投資家/メディアと名刺交換をすることが出来ます。その後は自由に投資家/メディアとやりとりしていただくことが出来ます。
  • 各プレゼンの制限時間は5分です。始める前にピッチの準備をしておきましょう。ピッチは切りの良いところで終わらせましょう。投資家/メディアの興味をそらさないためにも、他のスタートアップの時間を潰さないためにも、長すぎないピッチは大変重要です。
  • スタートアップ企業は、ノートパソコンやその他のモバイル機器を用いてプレゼンをすることが可能です。
  • 持ち時間の5分間は運営スタッフが計ります。4分経過するとベルを1回、5分経った場合ベルを複数回鳴します。